塗り替えの必要性

塗り替えの必要性

塗り替えの必要性について

外壁や屋根などに施されている塗膜は、雨風や紫外線によるダメージから守ってくれる大切な役割を果たしています。しかし塗料の耐久性にも限界があり、塗膜は時と共に必ず劣化します。耐用年数は塗料の種類により差がありますが、定期的にメンテナンスを行わずに放置していると修繕に大幅なコストが発生する可能性が出てきます。
劣化と共に様々な症状が現れますので、早期修繕を行うことをおすすめいたします。

塗り替えを行うメリット

美観の向上塗り替えを施すことによって、新築時の美しさが甦ります。住んでいる人も、気持ちよく快適に過ごすことができます。



資産価値の向上維持管理の良し悪しが建物の資産価値を左右します。定期的に点検を行って、適切な時期に塗り替えましょう。


建物の保護適切な時期に塗り替えを行うことで、建物保護の働きの衰えを防ぐことができます。


機能向上使用塗料の選択によって、防汚染、防カビ、防菌、防水、防露、断熱、遮熱、防音、消臭など新たな機能を付け加えることができます。


イメージアップ新たな色や仕上がりパターンを選択することで、家のイメージを一新させることが可能です。

HOME > 塗り替えの必要性